自転車グラベルロードの道具・旅・食事を紹介するマガジンサイト

旅(Travel)

グラベルロードバイクで地方の観光地巡りを楽しむおすすめの方法

グラベルロードバイクに慣れてくると、長距離の観光地巡りを検討する方もいるのではないでしょうか?

今回はグラベルロードバイクが観光地巡りに適している理由や、メリット、デメリットなどからおすすめの観光地もご紹介します。

グラベルロードバイクは上級者の方向けの自転車ですが、初心者でも簡単に乗ることができるバイクです。グラベルバイクで遠出できるようになるまでは、近場に小旅行に出かけるのもよいでしょう。これからの暖かくなる時期には、魅力的な観光地も増えるので、ぜひグラベルロードバイクで素敵な観光地巡りを楽しんでみてください。

グラベルロードバイクが地方の観光地巡りにおすすめな理由

グラベルロードバイクで観光地ツーリングしている写真

グラベルロードバイクの名前にあるグラベルとは、「砂利」という意味があります。舗装されていない地方の道でも、パンクの心配をすることなく、ワイルドに乗ることができます。そのためグラベルロードバイクは、地方での観光地巡りにぴったりなバイクなのです。

渋滞でもスムーズに移動できる

グラベルロードバイクは、観光地の道路が渋滞していても、ストレスなく進むことができます。特に観光地は、渋滞するエリアが多い傾向です。

車だと、渋滞の列を待たないといけません。しかし、グラベルロードバイクなら、そんな渋滞に関係なく進むことができるので、時間効率もよく、計画も立てやすいといえるでしょう。車でも、ナビを使用すればマニアックな道を通って渋滞を迂回することができますが、狭い道はストレスになりますよね。そのため観光地移動では、道路渋滞も関係なく移動できるグラベルロードバイクおすすめです。

小回りが利くので穴場のお店や観光スポットを見つけやすい

地方の観光地の周辺には、穴場のグルメスポットや絶景ポイントが点在しています。

車が通れない細い道でも、グラベルロードバイクなら寄り道をしながら進ことが可能。しかも、駐車スペースを探すのも、車に比べるとはるかに簡単です。また各所、景勝地へのアクセスもグラベルロードバイクで直接行ける場合も。OMM大会では、バイクを担いて移動することもあるため、山野部でも獣道を歩いたり場合によっては渡渉したり、自由度の高い移動手段となります。

都会のコンクリートジャングルとは異なる地方は、まさにグラベルロードバイクの本領を存分に楽しめる環境だといえるでしょう。

グラベルロードバイクで地方の観光地巡りを楽しむ方法

グラベルロードバイクで地方の観光地巡りを楽しむ方法

グラベルロードバイクで地方の観光地巡りを楽しむ方法は3つあります。

  • 林道やトレイルなどのオフロードを攻める
  • 雑木林や川などがある「自然が豊富なエリア」を選ぶ
  • 体調管理・安全対策をしっかりとする

グラベルロードバイクは砂利道でも快適に走行できることが魅力。舗装されていない河川敷を走ったり、林道コースを突き進んだりなど、観光地ならではのオフロードにも足を延ばしてみると、グラベルロードバイクの魅力をより堪能できます。

また、グラベルロードバイクに限らず、ロードバイクで長距離ツーリングを行う際には体調管理・安全対策を行いましょう。自転車整備、体調管理、備品装備チェックなどの徹底を意識してください。

グラベルロードバイクで地方の観光地巡りをするメリット

グラベルロードバイクで砂利道を走る姿

グラベルロードバイクで「地方」の観光地巡りをするメリットは、グラベルバイク本来の性能を楽しめる点や、美しい風景を楽しみながら走れる点です。

せっかくのグラベルロードバイクでのツーリングなら、地方で最高の思い出をつくりましょう。具体的には、以下のメリットがあります。

  • 地方ならではの匂いや風、空気を感じられる
  • 車では行けないところにも行ける
  • 健康的でエコツーリズムな体験ができる
  • 渋滞に悩まされることがない
  • 旅先でのサイクリスト同士ならではの出会いや和が広がる可能性がある

目的に地到着後、きれいな海辺や川、山林などに赴いて自然を楽しめる点は、大きな魅力でありメリットといえるでしょう。都会のコースで感じる風とは違い、澄んだ空気と草木の匂いが楽しめるグラベルバイクでの地方旅を、ぜひご堪能ください。

グラベルロードバイクで地方の観光地巡りをするデメリット

グラベルロードバイクで楽しめる観光地

グラベルロードバイクで地方の観光地巡りをするデメリット、体力がないと楽しめない点です。そのほか、以下の要素にも注意しましょう。

  • 体力的な問題から行き当たりばったりな旅には向いていない
  • 天候に左右されやすい
  • 荷物が多くなると、移動が大変

体力がなければ、目的に到着するのも一苦労ですが、旅先で発見する「気になるスポットへの寄り道」にも要注意。体力に自信がない場合は、気軽に旅を楽しめない点が、グラベルロードバイク旅のデメリット点です。また、必要以上のアイテムを持っていくと、移動に苦労します。しっかりと計画を立てて、必要最低限の荷物でまとめることを意識しましょう。

グラベルロードバイクでの旅行におすすめの観光地

グラベルロードバイクで行ける観光地の風景

観光地は自然の景観が豊かなエリアが多いため、体を動かして楽しむ旅に最適。ぜひ、グラベルロードバイクにまたがって、風や緑を感じながら思い出の旅をつくりましょう。

栃木県日光市

栃木県日光市は豊富な自然と、歴史漂う街並み、美味しい名物料理を味わえます。

世界遺産や国宝、温泉、グルメ、季節ごとのアクティビティまで幅広く楽しめるエリアであるため、休日は常に車で混雑。一方、周辺の景観は抜群のため、グラベルロードバイクでの観光には最適です。自然や食、温泉、歴史を思う存分楽しみたい方は、ぜひグラベルバイクで栃木県日光市に訪れてみてはいかがでしょうか

  • 日光東照宮
  • いろは坂
  • 鬼怒太の湯
  • ようかん、そば
    など

長野県軽井沢町

長野県軽井沢町は、言わずとしれた避暑地で有名な観光地。

クラシカルで洋風な目を引く建物もたくさん点在しているので、気軽に寄り道ができる自転車トラベルとの相性も最適です。オシャレなアフタヌーンティーを楽しめるカフェから、日本料理店まで幅広く飲食店があるので、その時々の気分でお店をチョイスできます。

  • 軽井沢ショー記念礼拝堂
  • 雲場池
  • 天空カフェ・アウラ
  • ブランジェ浅野屋
  • めがね橋
    など

京都府京都市

日本の古都として、世界的に有名な京都府京都市には、多くの歴史的文化遺産が存在する屈指の観光地です。

無形の文化遺産から、有形の建造物、街並み、文化などの「京都のさまざまな要素のファンだ!」という方は多いのではないでしょうか。グラベルロードバイクであれば、ゆっくりと隅々まで古都京都を散策できます。スローツーリズムで京都を存分に楽しみたい方は、自転車旅でいつもと違った体験をご堪能ください。

  • 舞妓さん
  • 金閣寺
  • 清水寺
  • 祇園
  • 京漬物や湯豆腐
    など

グラベルロードバイクで地方の観光地巡りをする際の注意点

自転車で観光地旅行をしている男性

グラベルロードバイクで観光地巡りをする際は、自転車の盗難や事故・怪我以外に、以下のトラブルにも要注意です。

  • 交通法やマナー面を再度意識する
  • 事前に観光地や周辺の調査をしておく
  • 動物の飛び出しに注意

地方に限らず、土地勘のないコースを走る際には、事前にルート確認をしたり周囲に気を配ったり、いつも以上に慎重に走りましょう。地方では、都会よりも自転車で走る人口が少ないため、ドライバーがサイクリストに気づかずに事故につながることも。普段の慣れているエリアとは異なる危険性があることを認識しながら、注意してグラベルロードバイクツーリングを楽しんでください。

グラベルロードバイクは地方の観光地巡りに最適

グラベルロードバイクで海辺を楽しむ人の姿

地方でのツーリングこそ、自由気ままに、隅々まで街を散策できるグラベルロードバイク旅がおすすめです。

砂利道の林道コースや自然のなかにあるトレイルコース、のどかな河川敷、緑の眩しい農道など、地方はグラベルロードバイク本来の性能を存分に楽しむことができます。体力面や備品・装備の点では注意しなければいけないこともありますが、サイクリングによる地方の観光地旅行は、ほかでは味わえない経験を得られるでしょう。

エコで健康的に旅行する、次世代型のスローツーリズムを楽しみたい方は、ぜひグラベルロードバイクで地方旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

RELATED

PAGE TOP