自転車グラベルロードの道具・旅・食事を紹介するマガジンサイト

道具(Gear)

グラベルロードバイクの魅力は?メリットとデメリットを詳しく解説!

グラベルロードバイクに乗り換えたいけど、メリットやデメリットなどを詳しく知りたい!

グラベルロードバイクに興味があったり、あまり聞き馴染みのないバイクの種類で、乗り換えに躊躇していたりする方もいるのではないでしょうか。グラベルロードバイクは、舗装路やオフロードなどのさまざまなロード環境を自由に走行できる汎用性の高い自転車の1つです。グラベルロードバイクのメリット・デメリットを理解せずに購入すると、後悔することにもなりかねません。

そこで本記事では、グラベルロードバイクのメリット・デメリットはもちろん、グラベルで楽しめる遊び方などについても紹介します。グラベルロードバイクはオールラウンドな自転車であり、楽しみ方も豊富です。通常のバイクに乗り飽きた方や、初心者の方に、ぜひともおすすめしたい1台です。ぜひ、今回の内容を参考に、グラベルロードバイクで新たな旅へと出かけましょう。

なお、以下では、過去に紹介した「後悔しないためのグラベルロードバイクの選び方」に関する記事も掲載しておきます。

参照:グラベルロードは後悔する?失敗しない知識や実際の声を参考に解説!

グラベルロードバイクとは

GravelroadBike

日本語で「砂利」という意味の「Grabel」は、砂利道も舗装路も走れる、長距離向けのロードバイクです。

グラベルロードバイクは、欧米で人気に火がつき、近年日本でも流行し始めたカテゴリーの自転車です。スピードが出る通常のロードバイクに飽きてしまい、一味違った自転車遊びを探している方におすすめ。また、ほかの人と差別化したり、珍しいタイプの自転車に乗りたいと考えているサイクリストにもおすすめできる自転車です。

そのほか、近年アウトドア業界でトレンドになりつつある「OMM(Original Mountain Marathon)バイク大会」にも参加できる機能を備えています。OMMバイク大会とは、コンパス、地図、そして己の適応能力を頼りに、読図したりゴールまでのルートを模索したりしながら、道なき道を進んでゴールを目指すバイク大会です。まさに、グラベルロードバイクのための大会であり、グラベルロードとはOMMをはじめとした、あらゆる過酷なコースを走行するための自転車なのです。

グラベルロードバイクの特徴

GravelRoadBike

グラベルロードバイクは、アメリカで誕生したバイクであり、グランドキャニオンのような永遠と続くグラベルロード(砂利道)を旅するために開発されました。

各所に軽量化されたコンポ(自転車ギアアイテム)を採用、タフネスなボディフレーム、美しいシルエットなどの特徴があげられます。ワイルドに気兼ねなく、さまざまなロード環境のコースを走れる点が、グラベルロードバイクの大きなメリットです。

タイヤが太い

グラベルロードのタイヤは、通常のロードバイクよりも太いモデルが多いです。タイヤの幅が広いほど、地面との接地面が増えるため、走行時の安定感も増します。タイヤが太いと、砂利道やデコボコ道も問題なく走行できるほか、大きな荷物を乗せて走ることもできます。

雨の日でも安心のディスクブレーキ

グラベルロードバイクは、あらゆる酷道をストレスフリーに走行するために、制動性の高いディスクブレーキを採用している車種・メーカーが多いです。

ブレーキの種類には、Vブレーキやキャリパーブレーキなど、さまざまな特徴のあるブレーキが存在します。そのなかでも、注目を集めているのがディスクブレーキです。ディスクブレーキは、雨天時やダート(泥や土)などの悪路でもしっかりと止まれるブレーキです。舗装されていない道を走るグラベルロードに適した特徴になります。そのほか、雨の日の通勤時、通常時でも安心して走行できるのがグラベルロードバイクです。

幅広いドロップハンドルで長距離運転も可能

グラベルロードバイクの多くは、幅の広いドロップハンドルを採用しています。

ハンドル幅が広いことで車体をしっかりと地面に押し付けることができるため、デコボコ道でも安定して走ることができます。また、大きな荷物を積載してもバランスが取りやすいバイクです。ロングツーリングやキャンプツーリングなどを趣味にしている方は、グラベルロードバイクとの相性がよいといえるでしょう。

グラベルロードバイクのメリット

グラベルロードバイクのメリット

グラベルロードバイクのメリットは、オンロード・オフロード問わずに走行できる点です。1台でさまざまなサイクリングコースを快適に走れるため、コスパが高いといえます。現在、さまざまなブランドがグラベルシリーズを展開しはじめているので、自身の好きな自転車ブランドからもグラベルバイクが販売されているかを確認してみましょう。

あらゆるロード環境を走破できる

グラベルロードバイクがあらゆるロード環境を走破できるのは、太くて幅の広いタイヤを採用しているからです。太くて幅の広いタイヤは接地面が増えるので、デコボコ道や大きな荷物を積載しても安定して走ることができます。グラベルロードバイクのなかでも、太めのタイヤと細めのタイヤがあるので、用途に合わせて選びましょう。目安としては、多くの荷物を積むツーリングを楽しみたい方は36C以上がおすすめ。舗装された道をメインに走る方は28C〜32C前後のタイヤサイズがおすすめです。

制動力・安定性・耐久性の高いタイプが多い

グラベルロードバイクは、制動力・安定性・耐久性の高いタイプなので、安心して走ることができます。

制動力に優れたディスクブレーキを採用したことで、雨でぬかるんだダートな道でも安心して走れる走行性を実現。また、タイヤの太さも安定性を高めるために欠かせない要素です。そのため、砂利道や段差の多い悪路でも問題なく走行できます。そのほか、グラベルロードバイクは砂利道や未舗装道路を走ることが多いため、耐久性に特化したフレームを採用。クロモリフレームやカーボンフレーム、アルミフレームなどが展開されています。

なお、積載量が多くなるロングツーリングやキャンプツーリングには、積載量を意識して丈夫に設計されたアルミ製のグラベルロードバイクがおすすめです。

ダボ穴が多いので積載量に優れている

ツーリングやキャンプもできるグラベルロードバイクは、ダボ穴が多く施されているので荷物の積載に困らない点がメリットです。ロードバイクの場合、荷物はシートポストとダウンチューブに搭載するしかありません。ママチャリやMTB(マウンテンバイク)の場合、カゴやリュックなどに荷物を収納できますが、バイクパックをカスタムしたグラベルロードバイクの積載性には及ばないでしょう。

グラベルロードバイクには、トップチューブやフォークなどの各フレーム部分にもダボ穴があるため、前後に大きな荷物を積むことが可能です。

グラベルロードバイクのデメリット

グラベルロードバイクのデメリット・弱点を表している画像

グラベルロードバイクのデメリットは、認知度が低いため、魅力やポテンシャルに共感してくれる人が少ない点です。また、大会に出場したい場合、グラベルロードバイク専用の大会は多くありません。マイナーなバイクなので、取扱専門店の数が少ないことなども、デメリットとしてあげられるでしょう。

タイヤが太いため高速巡航には不向き

グラベルロードバイクのタイヤは太くて安定性がありますが、スピードを重視した自転車ではありません。タイヤが太くなるほど、地面との接地面が大きくなるため、初速が重く、スピードが出にい構造となっています。

疾走感を味わったり、スピードレースに出場したいサイクリストには、グラベルロードバイクはあまり向いていないといえます。しかし、ツーリングやキャンプなどの、スピードを必要としない目的の方は、安定感に優れたグラベルロードバイクがおすすめです。

耐久性が高く作られているので全体的に重い

グラベルロードバイクは、砂利道やオフロードの走行に特化して設計されているので「耐久性が高い=重量感がある」点がデメリット面です。

さまざまな道に対応するため、耐久性が高いフレーム、太いタイヤ、各種積載アイテムが重く作られているのがグラベルロードバイクの特徴であり、デメリット。般的な自転車に比べて、やや重さを感じてしまうでしょう。グラベルロードバイクを選ぶ際は、実際に店舗で重さを体感しつつ、操作性も確かめることをおすすめします。

特化していないため性能が中途半端

グラベルロードバイクは性能が特化していないため、ネガティブな表現をすると中途半端なバイクだといえます。舗装路で早く走れる自転車はロードバイクです。ダートレースならMTBやシクロクロスの方がハンドリングや取り回し性能に優れています。

一方で、すべての性能が平均スコアであるグラベルロードバイクは、舗装路や砂利道、ロングツーリング、キャンプツーリングなどのさまざまな用途に合わせて快適に走れます。そのため、1台ですべての性能を備えたバイクを求めている方におすすめできる自転車です。

選ぶメリットが豊富なグラベルロードバイクで楽しめる遊びグラベルロードバイクでの楽しみ方を伝えたイメージ画像

グラベルロードバイクは、さまざまな場所を走れるだけでなく、楽しみ方も豊富です。リフレッシュや健康、人脈も広がり、人生の幸福感が高まるでしょう。

キャンプツーリング

グラベルロードバイクは、荷物を前後に積めるため、キャンプツーリングに最適なバイクです。通常のキャンプよりも荷物は制限されますが、その反面、厳選したアイテム選びやコンパクトツーリングの過ごし方を考える楽しみが増えるでしょう。

砂利道を走る

グラベルロードバイクは、タイヤが太くてパンクしにくいため、舗装路だけではなく農道なども気にせず走れます。あえてオフロードを走ることで、シティサイクルとは一味違った非日常感が味わえます。

林道をツーリングする

グラベルロードバイクのタイヤは太いため、林道や泥道ダートなどでもツーリングできます。豊かな自然、澄んだ空気、携帯も通じない近代文明から隔絶された秘境に出かけて、冒険心を満たしてみてはいかがでしょうか。

ロングツーリングを楽しむ

グラベルロードバイクはドロップハンドル形状を採用しているため、長時間の走行でも疲れにくいように設計されています。また、幅の広いハンドルは安定感を高めてくれるので、ロングライドツーリングが快適になるでしょう。自転車はランニングやウォーキングと違い、長期的な運動を継続しやすいため、ダイエット効果もあります。

グラベルロードバイクの選び方

グラベルロードバイクの選び方を説明しているスタッフをイメージした画像

グラベルロードバイクは、走る道を選ばずに走行できたり楽しみ方も豊富だったり、好奇心旺盛でアクティブな大人にピッタリな1台です。実際に購入する際には、直営店で実物に触れてから判断するのがおすすめ。試乗できるブランド直営店もあるので、ぜひご自身と相性のいい自転車を探してみましょう。 

用途に合わせて選ぶ

グラベルロードバイクはさまざまな環境下でも快適に走ることができますが、まずはメイン目的の用途を決めてから選びましょう。

理由は、グラベルロードバイクと一口にいっても、ロングツーリング向きやオフロード向きなどの種類があるからです。ロングツーリングを楽しみたいのに、拡張性が低くて荷物が積めない。オフロードを走りたいのに、細いタイヤを選んでしまったせいで安定性がない。このように用途に合わないと、満足度が低下してしまうので結局乗らなくなることも考えられます。そのため「ラベルロードバイクを購入したあとに楽しみたいことを決めてから購入しましょう。

算を決めてから選ぶ

グラベルロードバイクの価格は安いものは数万円。高いタイプだと100万円するようなハイエンドなモデルも販売されているため、予算を決め購入するようにしましょう。グラベルロードバイクの値段の違いは、フレームの素材とパーツのグレードにより変わります。そのため、初めてグラベルロードバイクを買う方は、予算を決めて購入することがおすすめです。

また、購入したいモデルが決まったら、複数のサイトを見て価格を比較しましょう。1つのサイトだけを見て購入すると、価格相場がわからずに損をする可能性が高いです。お得に購入することで、装備品を買う資金に回すこともできるので、複数のサイトを比べましょう。

まとめ:グラベルロードバイクはさまざまな道を走れるメリットがあるので初心者におすすめ!

グラベルロードバイクを楽しんでいるサイクリストを伝えているイメージ画像

グラベルロードバイクのメリットは、オフロード、舗装路、砂利道、林道、ダートなどのさまざまな道を走れる点です。楽しみ方や遊びのスタイルも豊富なので、ゴリゴリの経験者から初心者まで、幅広いサイクリストにおすすめのバイクです。

一方、グラベルロードバイクのデメリットとしては、特化していないため性能が中途半端な点があげられます。一長一短のあるグラベルロードバイクですが、購入して後悔しないためには、用途を決めてから購入しましょう。

目的がはっきりしていることで、拡張性の高い自転車にカスタマイズできたり、軽量化させたりして、あなただけのオリジナルのグラベルロードバイクに仕上げることができます。回の内容を参考に、グラベルロードバイクを購入して、ぜひ新たな遊びへと走り出しましょう。

RELATED

PAGE TOP