自転車グラベルロードの道具・旅・食事を紹介するマガジンサイト

道具(Gear)

グラベルロードバイクによるバイクパッキングが楽しくなる道具を紹介!

グラベルロードバイクは、走る場所を選ばずに楽しめることから欧米を中心に流行しているバイクです。

風を切りながら砂利道や林道、トレイルロードを走るツーリングは、非日常を楽しめるアクティビティとして高い人気を集めています。しかしグラベルロードバイクでツーリングする装備するアイテムが分からずに困っている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、グラベルロードバイクにおける基本的なバイクパッキング知識から、必要なアイテムなどを紹介します。

ぜひ、グラベルロードバイクで新しい世界へと踏み出す参考にしてください。

<この記事はこんな方におおすすめ>

  • バイクパッキングの基本的な知識が知りたい!
  • グラベルロードバイクでバイクパッキングをする際に必要なアイテムが分からない
  • バイクパッキングを楽しむためのアイテムを知りたい

グラベルロードバイクでのバイクパッキングの魅力

グラベルロードバイクでのバイクパッキングの魅力は、舗装・未舗装道路でも走れ、旅行もできるです。

グラベルロードバイクの大きな特徴は、タイヤが太く、走る場所を選ばないオールラウンド性。スマートに大容量の荷物を積載でき、世界的欧米を中心に流行している車種になります。

さまざまな道を走れるため、自然と一体となってツーリングできます。またグラベルロードバイクに限らず、自転車に乗ることで健康維持も可能です。体への負荷が少なく、長期的な運動をすることができ、ダイエットが苦手な方におすすめです。

グラベルロードバイクでのバイクパッキングの基本的なスタイル

グラベルロードバイルでのバイクパッキングの基本的なスタイルは、以下の2つです。

  • 4バッグ(パアバッグ)スタイル
  • コンパクトで軽量なバイクパッキングスタイル

特徴やバッグの大きさや、バッグの取り付け位置など違いがあります。

従来型の4バッグ(パニアバッグ)スタイル

4バッグ(パニアバッグ)スタイルは、自転車の後部キャリアと呼ばれる荷台を装着し、そこにサイドバッグを装備するスタイルです。

4バッグは大容量ながら重心が安定しているため、荷物を積んでも安心してツーリングが楽しめます。従来より多くのサイクリストがパニアバッグスタイルでバイクパッキングをしていました。安定性や積載量に優れている観点から、長旅向けのバッグスタイルとして、今なお根強いファンを抱えています。

軽量でコンパクトなバイクパッキングスタイル

汎用性の高いバッグを、グラベルロードバイクのフレームに組み合わせた、コンパクトで軽量なスタイルです。

バイクパッキングスタイルは、軽量でスタイリッシュな見た目から、近年流行しいます。旅ツリングの目的地に合わせてバッグやアイテムをアレンジすることも可能。また低価格のバイクパッキング用のバッグも増えており、バッグの選択肢が多いのも特徴です。

グラベルロードバイクでのバイクパッキングに必要な装備

グラベルロードバイクでのバイクパッキングに必要な装備は、キャンプツーリングやロングライドツーリングなど目的によって異なります。

まずは、どのようなスタイルのバイクパッキングを楽しみたいのかを決めてからアイテムを選ぶようにすると、道具が不足したり買いすぎたり、準備に失敗する可能性を下げられます。

グラベルロードバイクでのバイクパッキングに必要なバッグ

バイクパッキングに必要なバッグは、以下の4つです。

バッグタイプ 概要
フロントバッグ フロントバッグは自転車の前に取り付けるため、スマホや補給食などの頻繁に出し入れをするアイテムを入れるのがおすすめ。
フレームバッグ フレームバッグは小さいタイプから大きタイプまで、さまざまなバッグが展開されています。理想のバイクパッキングのスタイルや、目的・用途に合った容量のバッグを選びましょう。
サドルバッグ サドルバッグは15Lの大容量のサイズもあり、テントを入れることもできます。重量物を入れ過ぎると、タイヤと干渉する可能性もあるので、注意が必要です。
パニアバッグ パニアバッグは重量物や小物類などが大容量で入るため、長旅向けのバッグです。昔ながらの、グラベルロードバイクによるロングツーリングでキャンプを楽しみたい方にもおすすめ。

グラベルロードバイクでのバイクパッキングに必要な小型アイテム

グラベルロードバイクでの基本的なツーリングに必要なアイテムは、以下の4つです。

アイテム名 概要
修理キット ツーリング中に、突然タイヤがパンクしたとき応急処置をするアイテムです。修理キットを購入する際は、バルブに対応しているタイプを買いましょう。
テント グラベルロードバイクでキャンプツーリングをする際には、欠かすことのできない必須アイテム雨。寝泊まりするときには、UL(ウルトラ・ライト)系のアイテムやギアを揃えるのがおすすめ
調理器具 ガスバーナーや、クッカーセット、カトラリーなどのキッチンツールセットがあると便利です。持っていく食材や食べたいキャンプ料理に合わせ、必要なキッチン道具を持っていきましょう。
折りたたみテーブル&チェア 食事をしたり、ゆっくりするときにあると便利なアイテムです。

1kg以下のコンパクトで軽量アイテムも多く販売されているので、リラックスできるバイクパッキングを楽しみたい方におすすめ。

グラベルロードバイクでバイクパッキングを楽しむ際のおすすめのアイテム

グラベルロードバイクにおすすめのアイテムを3つ紹介します。それぞれ多機能な特性のあるアイテムのため、普段使いからバイクパッキングなどのロングライドに適したアイテムです。

おすすめのバイクパッキングアイテム①:GORIX(ゴリックス) フレームバッグ ロードバイク

ゴリックスは、国内発の自転車パーツ専門のブランドとして、さまざまなバイクアイテムを販売しています。

ECサイトの「ごっつプライス」が創業させたブランドであり、痒いところに手が届く利便性の高いアイテム性が特徴。リーズナブルながら、耐久性や実用性に優れたブランドであり、そのゴリックスから販売されたフレームバッグは、通常スタイルと拡張スタイルの2Wayにスタイルを変化させる機能性が魅力です。

大容量な設計が施されているため、グラベルロードバイクによる長距離バイクパッキングにも最適。5本のベルトで固定できるので、安定し邪魔になりにくいです。

ROCKBROS(ロックブロス)リアバッグ

ブルックスは、100年以上の長い歴史を有する英国生まれの「レザーサドルブランド」として広く認知されています。

1866年に創業者であるJ.B Brooks氏によって創業。木製サドルが主流だった時代に、細かな作業により快適性の高いレザーサドルをハンドメイドしたのがきっかけで大きな評価を受けるようになりました。以来、伝統を守りながらこだわりのレザーサドルを量産。現在ではサドル以外にも、ヘルメット、バッグ、マルチツールなどの多種多様なバイクアイテムを販売しています。

機能性や耐久性に定評のあるブルックス性のリアバッグは、撥水性、収納性、安定性に優れているため、長距離ライティングに最適です。必要な工具や1Lのペットボトルも収納できる大容量タイプ。また自転車から外すと、手提げ袋になり、屋内外の行事にも利用できます。

グラベルロードバイクで英国生まれの伝統ブランドと一緒に、思い出に残るバイクパッキングに出かけたい方は、ぜひフルックスのリアバッグをご検討してみてはいかがでしょうか。

ROCKBROS(ロックブロス)パニアバッグ 

RELATED

PAGE TOP