自転車グラベルロードの道具・旅・食事を紹介するマガジンサイト

道具(Gear)

グラベルロードは通勤で使えるのか?ロードバイクとの違いを解説!

昨今スポーツバイク界で、徐々に注目度と人気が高まりつつあるグラベルロードバイク。

新しいタイプの自転車なので「どんな自転車なの?」「ロードバイクとはどう違うの?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。結論からお伝えすると「グラベルロードバイクはオールラウンドに使える汎用性の高いおすすめの自転車」です

しかし人気が広まりつつあるとは言え、今だにマイナーなジャンルの自転車として分類されているので、実際の購入時には少し考え込んでしまいますよね。そこおで今回はグラベルロードバイクの基本的な情報やロードバイクとの違いについて詳しく解説します。

グラベルロードが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

通勤通学にも便利なグラベルロードバイクの特徴

通勤通学にも便利なグラベルロードバイクの特徴
グラベルロードバイクとロードバイクには、同じドロップハンドルと呼ばれる形が採用されていますが、少し形状が違います。グラベルロードバイクのハンドル形状は、ロードバイクのドロップハンドルよりも丸みがかってカーブしており、どの部分でも握りやすいのが特徴的。

またグラベルロードやトレイルロードなどの悪路でも車体を押さえつけやすいように、ハンドルの下部が広がっていて、ロードバイクのハンドルよりも扱いやすい仕様です。

グラベルロードバイクの特徴①:耐久性が高い

グラベルロードバイクは、その名のとおり砂利道や林道などの未舗装の道路を走ることができるため耐久性が高いです。

またフレームは、長距離巡航を楽しめるように効率の良い衝撃吸収設計が採用されているタイプが多いので、結果的に耐久性の高さにもつながっています。チェーンやペダル周辺のギアであるクランクも、シングルギアが主流なのでロードバイク用のダブルクランクよりも悪路でチェーンが暴れて落ちるリスクが低いです。そのため通勤通学にも適しているといえるでしょう。

グラベルロードバイクのスプロケット(歯車)に関しては、ロードバイクよりも大きな歯数が採用されていることが一般的。それ以外にも、MTB(マウンテンバイク)に使われるような、大きな歯数のスプロケットも装着できるなど、どんな悪路にも高い耐久性で対応できるように高設計されています。

グラベルロードバイクの特徴②:グラベルロードバイクが使えるロード環境

グラベルロードバイクに標準装備されているディスクブレーキは制動力が高く、アップダウンの厳しいオフロードの状況下でもハンドリングのコントロール性に優れた特徴が挙げられます。

フレームにはダボ穴が複数、標準装備されていてバイクパッキングにも適しているため、ロングツーリングやキャンプツーリングにも適したタイプです。またディスクブレーキは、雨天のストッピング性能を向上させてくれるので、オフロードコースや通勤・通学などのタウンユースでも快適に走行できます。

標準よりも太いタイヤ幅を装着することで、抜群の安定感を発揮してくれるため街でも山でも、どこでも安心してオールラウンドに使えるのがグラベルロードバイクの特徴です。

グラベルロードバイクの特徴③:安定感

グラベルロードバイクのジオメトリ設計(フレーム形状)はロードバイクよりも前傾姿勢にならないように、アップライトに設計されています。ロードバイクよりも上体の姿勢が高くなるように設計されている理由は、悪路でのハンドル操作性を高めて安定感を向上させるためです。

またロードバイクよりも太いタイヤを装着することで安定感はさらに高まるので、あらゆるロード環境の走破性もアップ。タイヤに関しては、溝の多いトレッドタイヤが広く採用されているため、ロードへのグリップ性が利きやすい仕様だったりパンクしにくかったりと、グラベルロードバイクは安定性と走破性が魅力的な自転車だといえるでしょう。

グラベルロードバイクのライティングが適しているロード環境

グラベルロードバイクが適しているロード環境

グラベルロードバイクが使えるロード環境は多岐にわたり、さまざまなシーンで活躍してくれます。

代表的な使用場所は、ロードバイクでは走行できなかった林道や山道などもの、酷道をはじめとしたオフロードです。また舗装路とグラベルロードが混同したようなコースでも、快適に走行できます。

そのほか、オン・オフロード上に現れる「段差衝撃」を緩和してくれるサスペンションに類似した機能を搭載したタイプもあるので、あらゆるロード環境を得意としているのが特徴的です。グラベルロードバイクはオールラウンドに設計されているため、操作性・安定性・走破性・クッション性、それぞれの性能が相対的に高い点も魅力の1つ。

通勤・通学のタウンユースや週末のロングライド、キャプツーリンングなど、自転車の用途が多岐にわたるサイクリストの方とは、非常に相性のよいおすすめの自転車です。

グラベルロードバイクとロードバイクの違い

グラベルロードバイクとロードバイクの違い

グラベルロードバイクとロードバイクの間に、フォルム上の大きな違いはありませんが、搭載しているコンポーネントや着用タイヤの幅やサイズなどの細かな違いがいくつか挙げられます。

ロードバイク グラベルロードバイク
タイヤ 23C〜28C 30C〜50C
価格帯 10万円〜100万円 6万円〜20万円
使用シーン 舗装道路 舗装道路、未舗装道路
ブレーキ キャリパーブレーキ ディスクブレーキ
ギア 歯数が小さい 歯数が大きい
クランク コンパクトクランク シングルギア

タイヤはグラベルロードバイクの方が太く、凸凹の溝が施されたトレッドタイヤが採用されている傾向がにあります。

価格帯はロードバイクの方が幅広く、高いものだと100万を超えるタイプも。使用シーンは対照的で、ロードバイクは舗装路のみ走行できる仕様です。対するグラベルロードバイクは、未舗装道路に特化して開発されているため、パンクなどのトラブルを心配する必要がありません。またグラベルロードバイクのブレーキには、制動力に優れたディスクブレーキが標準装備されているので、ぬかるみや雨天時、下り坂でも安心して走行できます。

そのほかギアの歯数サイズやクランクなど、細かな部分でそれぞれの特徴や強みなどの違いが見られるため、用途ごとに選ぶのがおすすめです。

通勤通学などでおすすめのグラベルロードバイク

通勤通学などでおすすめのグラベルロードバイク
グラベルロードバイクは、エクストリームロードからタウンユースまで、幅広い環境で快適なライディングが楽しめるオールラウンダーバイクです。

以下では、通勤・通学などに適したおすすめのグラベルロードバイクを紹介するので、実用性の高い日常的に楽しめる1台を検討している方は、ぜひご参照ください。

MARIN BIKE NICASIO (グロスシルバー) 2022 マリン ニカシオ グラベルロードバイク

MARIN BIKE NICASIO (グロスシルバー) 2022 マリン ニカシオ グラベルロードバイク
出典:amazon公式サイト

伝統的なバイクの良さを活かしながら、現代的なモダンアレンジを施したMARINの「二カシオ」。舗装路から林道や山道、ダートトレイル、グラベルロードまで、さまざまなロード環境のコースを楽しめるよう設計・開発された1台です。

クロモリ特有の柔軟性により、路面衝撃を吸収して疲労が軽減されるため、長距離巡航にも適しています。ほかにも最大47Cの幅のタイヤを装着できるなど、よりオフロードを楽しみたい方におすすめのグラベルロードバイクです。

<バイクスペック>
メーカー : マリンバイクス(MARINBIKES)
価格 : 98,010円(税込)
カラー : グロスシルバー
サイズ : 52、54、56
重さ : ー
材質 : クロモリ
その他 : ー

 

PANTHER (パンサー) グラベルバイク 「HADES」シリーズ STIデュアルコントロールレバー

PANTHER (パンサー) グラベルバイク 「HADES」シリーズ STIデュアルコントロールレバー
出典:Amazon公式サイト

サイクリングライフの楽しさと長距離巡航時の快適性を、アルミフレーム設計で実現させたグラベルロードバイクです。アルミの特性により、タフで軽量的なボディに仕上げられました。

ケーブル類をボディフレーム内部に埋め込んだ、スタイリッシュデザインも特徴的。定評の高いShimano(シマノ)製のドライブトレインを採用していて、耐久性とメンテナンス性にも優れているため通勤、通学にも最適です。

PANTHERグラベルバイクHADESシリーズに採用されているタイヤサイズは、700C×38Cなので安定感も高く、初心者でもの乗りやすい設計になっています。ブレーキ部分も、制動性に優れた機械式ディスクブレーキを搭載しているので、雨天時のロード走行でもブレーキングに大きな心配がありません。

<バイクスペック>
メーカー : パンサー(PANTHER)
価格 : 57,888円〜69,888円(税込)
カラー : SG-Blue、SG-Gold、SG-Red、SG-Yellow
サイズ : 470mm、500mm
重さ : ー
材質 : アルミ
その他 : ー

 

 

MASI (マジィ) クロモリ グラベル アドベンチャー バイク MASI Catalina Flat 9 (カタリナ) 2022モデル(Italian Olive) 49サイズ

MASI (マジィ) クロモリ グラベル アドベンチャー バイク MASI Catalina Flat 9 (カタリナ) 2022モデル(Italian Olive) 49サイズ
出典:Amazon公式サイト

MASI(マジィ)から販売されているグラベルロードバイクはクロモリ製の「グラベルアドベンチャーバイク」にカテゴライズされる、オールラウンダーバイクです。

通勤・通学用として使えるようなデザイン性の高さに加えて、太いタイヤ幅と多数の溝によるグリップ力で安定性の高い走行を実現させてくれます。

充実の9速ギアと制動力の高いディスクブレーキにより、グラベルロード、雨天時、坂道でも安してサイクルタイム集中できるのが特徴。

<バイクスペック>
メーカー : マジィ(MASI)
価格 : 105,930円(税込)
カラー : オリーブ
サイズ : フレームサイズ49(168cm〜175cm)
重さ : ー
材質 : クロモリ
その他 : ディスクブレーキ採用

 

 

まとめ:グラベルロードバイクは通勤以外にオフロードにも最適な自転車!

まとめ:グラベルロードバイクは通勤以外にオフロードにも最適な自転車!

グラベルロードバイクはオールラウンドに使える汎用性の高さから、スポーツバイク界のSUVと呼ばれています

通勤・通学などのタウンユースはもちろん、週末に行くロングツーリングやキャンプツーリングなどの長距離巡航にも最適な自転車です。ロードバイクよりもバイクパッキング能力に優れているので、通勤・通学で荷物が多い方や、キャンプなどの荷物を必要とするツーリングにもおすすめできます。

ただしオンロードサイクリングによるスピード巡航では、スピードバイクとして特化しているロードバイクには敵いません。国内などの大きなロードレースに出場する予定の人は、グラベルロードを購入しないように注意してください。

通勤・通学に適したグラベルロードバイクの特徴や、ロードバイクとの違いをしっかりと掴んで、ご自身にピッタリの1台を探すお役に立てば幸いです。

RELATED

PAGE TOP