自転車グラベルロードの道具・旅・食事を紹介するマガジンサイト

道具(Gear)

グラベルバイク初の電動自転車ロードレックスi6180の性能や魅力

昨今のグラベルロードバイクのブームには目を見張るものがありますが、ついにグラベルロードバイクにもE–BIKEが発売されました。

E−BIKE(電動アシスト付き自転車)は、疲れにくく実用性ある、従来型の自転車と同じです。現在では技術改良が進み、さらにペダルの効率追求されているため推進力に直結するような仕様となっています。電動なので長距離や山道、多くの荷物を持ってのツーリングが楽になり、またカップルや夫婦、グループ間での体力差カバーもできるので、一緒にサイクリングも楽しめます。

今回はミヤタから発売された電動グラベルロードバイクロードレックi(ROADREX)6180の特徴や魅力について解説します。E-BIKEが気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

E-BIKE初のグラベルロードバイク「ロードレックスi6180」を開発したミヤタとは

E-BIKE初のグラベルロードバイクを開発したミヤタとは
【出典:Miyata公式サイト

E-BIKE初となるグラベルロードバイクを開発したミヤタとは、1890年に誕生した日本最古の自転車メーカーです。

日本で初めて「安全型自転車(今日の自転車の原型)」を開発した元祖・安全自転車メーカーとしても名前が知られています。1970年代に入ると、ミヤタは日本の完成車メーカーとして初めてヨーロッパに進出しました。その後もレーシングバイクを世界へ供給し、数々のレースで快挙を達成。

現在は、いわゆる「ママチャリ」と呼ばれるタウンサイクルをはじめ、通勤・通学で使いやすいバイク、E-BIKE、本格的なレーシングバイクなどさまざまなモデルを展開中です。

「日本の自転車を作る」という誇りを持ち続け、安心・安全な自転車を提供し続けているミヤタ。

そんなミヤタについての記事は、過去にも取り上げていますので、さらに詳しく知りたい方は以下の記事もぜひ読んでみてください。

「老舗メーカーミヤタ(M IYATA)のグラベルロードを徹底紹介!」

電動グラベルロードバイク・ロードレックスi6180の特徴

電動グラベルロードバイク・ロードレックスi6180の特徴
【出典:FEEL.E-BIKE公式サイト

体力面を大幅にカバーしてくれる電動バイクのなかでも、グラベルロードタイプの電動自転車は大きな注目を集めています。

ロードレックi(ROADREX)6180の最大の特徴はインチューブバッテリー(フレームにバッテリーが内蔵されている仕様)なのでスタイリッシュな見た目が特徴的。太めでストレートなダウンチューブにしか見えない洗練されたフォルムは、電動自転車の雰囲気を感じさせません

また機能面では、バッテリーを内装することにより低重心化を実現し、走行安定性がアップしています。低重心化を実現することによって、ダンシング(立ち漕ぎ)での振れ幅も抑えられて、坂道や山道などのサイクリングでも快適です。

グラベルロードバイク専用のコンポーネントを採用

コンポーネントにはグラベルロードバイク専用としてシマノから発売されている「GRX」が使用されており、グラベルライドしやすい乗り心地を実現させました。

ドライブユニット(アシストを行うモーターなどの総称)にはシマノのSTEPS E6180シリーズ採用ールラウンドなシーンに対応しており、オフロードやオンロード問わず、止まったり進んだりの多いタウンユース・休日のロングライドまで幅広いシーンでサイクリストをアシストしてくれます。

防水性能にも優れていて、雨天の走行や水を使っての洗車も問題ありません。

拡張性も高く多彩なオプション

ロードレックスi(ROADREX)6180にはキャリア用のダボ穴が設けられていて、フロントフォークにはラックマウントも付いています。

キャリアの搭載が可能なほか、フレームバッグ・パニアバッグやポーチなどを取り付けることにより、バックパックを背負うことなく走行できる拡張性の高い仕様です。荷物が多くなりがちなロングライドやキャンプツーリングにも最適だといえます。

ミヤタの電動グラベルロードバイク「ロードレックスi6180」の概要

ミヤタの電動グラベルロードバイク「ロードレックスi6180」の概要
【出典:Miyata公式サイト

ロードレックスi(ROADREX)6180は、ECOモードで105km走行できます。

長距離ライドも安心して楽しめるように、バッテリー418Wh大容量な仕様ですNORMALモードでも85km走行できるため、週末のサイクリングなどにちょうどいい距離を楽しめます。

ドライブユニットに使われているシマノのSTEPS E6180は、モーター停止時のペダリング負荷を極限まで低減しているため、バッテリーが切れても軽快な走行が可能です。また重さは18.9kgのため、電動自転車のなかでは軽いタイプに分類されるため、女性でも扱いにも困ることがありません。

タイヤは650B×45Cで太めの仕様なので走破性が高く、電動アシストと相まってどこでも走れるよように開発。気になる価格は407,000円(税込)と、やや高価な印象があるもののハイクラスのグラベルロードバイクと同価格帯であることを考慮すると、性能的にもコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

ミヤタの電動グラベルロードバイク「ロードレックスi6180」の楽しみ方

ミヤタの電動グラベルロードバイク「ロードレックスi6180」の楽しみ方

E-BIKEのなかでも注目度の高いロードレックスi(ROADREX)6180。

バッテリーが切れても通常ライティングが可能なほか、タウンユースからグラベルロードまで、幅広いロード環境を楽しめる究極のE-BIKEです。具体的な用途は以下で詳しく解説するので、一味違ったサイクリングライフを楽しみたいと考えている方は、ぜひ以下の内容をご参照ください。

旅に最適

ロードレックスi(ROADREX)6180はキャリアを取り付けるダボ穴が開けられていたり、フロントフォークにはラックマウントも付いていたり、多くの荷物搭載できます。荷物が多くなりがちなキャンプツーリングやロングツーリングなどの旅にぴったりな自転車です。

またシマノSTEPS E6180のパワフルなコンポーネントのアシスト機能により、通常のグラベルロードバイクだ大変な登り道でも力強くサポート。どこへでも行ける快適な走行性を提供してくれます。

汎用性も高い

ロードレックスi(ROADREX)6180はその安定感のある走破性で、オフロードはもちろんオンロードでも快適なライドを感じられるでしょう。

ロードレックスi6180は内装されたインチューブバッテリーのおかげで前モデルよりもさらに安定性が高く、快適に走行できる仕様に開発されました。油圧式ブレーキを搭載していることにより、雨天時の走行や下り坂などのロード環境でも安心して止まれる制御性を発揮。通勤・通学でアップダウンが多い道や長い坂がある方にもおすすめの一台です。

また強力なアシスト機能により、長距離サイクリングやグラベルロードなどの酷道でも快適に走破できるため、体力に自信のない方にもおすすめできます。

まとめ:ミヤタの電動グラベルロードバイク「ロードレックスi6180」はオールラウンドに楽しめる!

まとめ:ミヤタの電動グラベルロードバイク「ロードレックスi6180」はオールラウンドに楽しめる!

ミヤタのロードレックスi(ROADREX)6180は、インチューブバッテリーや太めのタイヤによる安定感と、シマノのSTEPS E6180による力強いアシストが魅力の1台です。電動アシスト機能により体力面を大きくカバーしてくれるので、夫婦やカップル、グループで楽しくツーリングができます。

積載可能なオプションも多彩で、荷物の多いキャンプツーリングやロングツーリング以外にも、通勤・通学、グラベルロードサイクリングにも適したマルチな自転車です。

ミヤタのロードレックスi6180は、走行性・安定性・走破性に優れており、価格とのバランスも良いグラベルロードバイクので、気になる方はぜひご購入を検討してみてください。

RELATED

PAGE TOP