自転車グラベルロードの道具・旅・食事を紹介するマガジンサイト

道具(Gear)

コロナ禍でリフレッシュ!グラベルロードバイクの楽しみ方を解説

コロ禍になって以降、リモートワークの普及によって運動不足になっている方も多いのではないでしょうか。

思うように旅行や遠出ができなかったり、おうち時間の増加で運動不足になってしまったり、運動できないストレスが溜まりますが心身の健康を考えるとアクティブレストは非常に重要です。しかしコロナ感染には注意しなければいけません。周りの目を気にせず、運動不足解消やダイエットなどもしたいですよね。そんなコロナ禍で注目されているのがサイクリングです。サイクリングは、屋内と比較しても安心して運動不足の解消ができます。

そして特におすすめのサイクリングが街中から未舗装道路まで幅広く対応できるグラベルロードバイクです。

今回は、コロナ禍でも思いっきりリ体を動かしてフレッシュできるグラベルロードバイクでの楽しみ方、おすすめのエリア、便利な自転車アイテムなどを紹介していきます。サイクリングで鈍った体をリフレッシさせたい方は、ぜひおすすめサイクリングエリアやグラベルロードバイクの楽しみ方などを参考にしてください!

<今回の記事はこんな人におすすめ>

  • コロナ禍で運動不足になってしまったから、おすすめのリフレッシュ方法が知りたい!
  • サイクリングで運動不足を解消してアクティブレストする方法に興味がある
  • グラベルロードバイクでの楽しみ方が気になる!

グラベルロードバイクでコロナ禍にリフレッシュするための楽しみ方

コロナ禍では大勢で集まったり会食したり、気軽な息抜きや運動がなかなかできません。

そこでおすすめなのが、1人でも少人数でも楽しめるグラベルロードバイクを活用したサイクリングです。風景を見ながら颯爽とサイクリングできるため、日々の運動不足を解消しながら、気持ちよくリフレッシュできるでしょう。

グラベルロードバイクで三密を避けて通勤・通学

毎日の通勤・通学を自転車にすると満員電車やバスを避けられるため、コロナ感染のリスクが低くなりおすすめです。

さらに通勤・通学の自転車をグラベルロードバイクにすることで、週末にはオフロードサイクリングが楽しめます。そのほか自転車通勤・通学にすると、渋滞でイライラすることもありません!価格高騰しているガソリン代の節約にも効果的。

何より運動を兼ねての通勤・通学は、週末や夜に運動をしなくてもよくなるため、時間も有意義に使えます。

ダイエットやフィットネスの代わりにグラベルロードバイク

ジムでも自転車マシーンを設置するほど、サイクリングはダイエットやフィットネスに最適だと言われています。

また上述したように自転車通勤・通学は運動になるほかに、運動をともなう通勤(アクティブコミューティング)は健康度を高める研究が科学的にも証明されているのです。本格的なツーリングではなくても、三駅先までグラベルロードバイクで走ってみるのも、手軽にリフレッシュできてよいでしょう。

散策したことのない近所を開拓したり、慣れてきたら徐々に距離を伸ばしたり、さまざまな楽しみ方ができます。

グラベルロードバイクが楽しめるおすすめのエリア

グラベルロードバイクは自転車界のSUVと呼ばれるほど汎用性が高いため、オンロード以外にもトレイルロードやグラベルロードなどのあらゆるコースのサイクリングに向いています。街中探索を楽しむこともできますが、グラベルロードバイクの本領が発揮される場所はオフロードやサイクリングロードです。

例えばグラベルロードバイクでリフレッシュするのにおすすめの場所は以下になります。

  • サイクリングコース(大きな川沿いにあることが多いです)
  • 湖の周辺
  • 観光地(タクシーでは渋滞したり、徒歩では遠かったりするので)
  • キャンプ場の周辺(山道が舗装されていておすすめです)
<グラベルロードバイクを楽しめるおすすめのエリア>
サイクリングコース(川沿いの土手に整備されていることが多い)
湖の周辺
観光地(車移動は渋滞したり、徒歩は遠かったりするので自転車移動がおすすめ)
キャンプ場の周辺(山道・林道・歩道が近くに点在していることが多いのでおすすめ)

目的地のサイクリングコースまでグラベルロードバイクで向かうのもよいでしょう。そのほか車に搭載したり解体して電車移動したり、さまざまな方法で目的地までアクセスできるのもおすすめ点です。

コロナ禍でもリフレッシュできるグラベルロードにおすすめのアイテム

グラベルロードバイクの最大の魅力は、ロングライティングやキャンプツーリングできる点です。

今回はキャンプツーリングによるリフレッシュを想定して、グラベルロードバイクでこれからツーリングに挑戦してみたい場合におすすめのアイテムを紹介します。

グラベルロードバイクにおすすめのアイテム①:GEER TOP 一人用 ソロテント

グラベルロードバイクによるキャンプツーリングに最適な超軽量のソロテントです。重量は脅威の900g!

ナイロン製の素材は防水加工されているため、大雨でも対応してくれる頼もしいアイテム。テントポールの代わりにトレッキングポールでの設営が推奨されているので、別売トレッキングポールもぜひ検討してください。なお別途購入が必要なおすすめのトレッキングポールは以下のアイテムをご検討ください!

<アイテム概要>
メーカー : GEER TOP(ギアトップ)
カラー : グリーン
サイズ : 210 x 80 x 114 cm
重さ : 900g
材質 : ナイロン
その他 : ー

グラベルロードバイクにおすすめのアイテム②:SOTO ナビゲーター クックシステム

9点セットの多機能クッカーを1まとめにコンパクト収納できる軽量アイテムのため、グラベルロードバイクでのキャンプツーリングににおすすめです。

多くの機能を備えた利便性の高さ以外にも、耐摩耗性の高さも魅力的。アルミ製なので軽くて熱伝導性も高く、さまざまなキャンプ料理の調理をサポートしてくれます。付属のリフター(取っ手)はトングにもなり、キャンプ飯の調理が楽しくなる理想のアイテムです。グラベルロードバイクでのサイクリング以外に、ぜひ調理シーンでもリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

<アイテム概要>
メーカー : SOTO(ソト)
カラー : ブラック
サイズ : 直径19×高さ9.2cm
重さ : 480g
材質 : アルミニウム
その他 : ー

グラベルロードバイクにおすすめのアイテム③:ROCKBROS トップチューブバッグ

テントやクッカー以外にも、グラベルロードバイクでのツーリングには欠かせない、おすすめのアイテムがスマートフォンを収納するためのトップチューブバッグ。

スマホを中にしまったまま見られるので、急な雨が降っても問題ありません!また段差やオフロードコースなどを走行中の衝撃でスマートフォンが飛ばないように、しっかりと固定されている安心設計も魅力的。Galaxy S10やiPhone 8Plusをはじめとした、大きなサイズのスマートフォンでも収納できます。小物入れとしても機能するので、モバイルバッテリーで充電しながらサイクリングしたい方に最適です。

<アイテム概要>
メーカー : ROCKBROS(ロックブロス)
カラー : ブラック
サイズ : 全長 約23.5cm、横幅 約10cm、高さ 約12.5cm
重さ : 174g
材質 : Tpu
その他 : スマホディスプレイ対応サイズ/縦幅 約17cm、横幅 約9cm

グラベルロードバイクにおすすめのアイテム④:PEARL IZUMI ウィンドブレーク ウィンターグローブ

寒さ厳しい冬期シーズンにグラベルロードバイクを楽しみたい場合は、外気温5℃でも手元をしっかりとあたためてくれるウィンターグローブが必須です。

超立体構造(トライディ・システム)を取り入れながら開発されたため、指先が動かしにくい冬場のサイクリングでもハンドルが握りやすくて操作性が抜群。親指と人差し指は、グローブをはめながらのタッチパネル操作に対応しているので、冬のロングライドに最適なおすすめのアイテム品です。

<アイテム概要>
メーカー : PEARL IZUMI(パールイズミ)
カラー : ブラック/ストーム/ホワイト
サイズ : S、M、L、XL
重さ : ー
材質 : ポリエステル
その他 : ー

グラベルロードバイクにおすすめのアイテム⑤:THE NORTH FACE マイクロストレッチネックゲイター

特殊なセラミックの働きにより、体を芯から温めてくれるハイテク繊維をミックスしたサーモライト素材のネックゲイターです。

ストレッチ性の高い素材ながら、立体的な形を保つようにデザインされているので、高い機能性を発揮してくれます。冬にグラベルロードバイクでのサイクリングを楽しみたい際に寒さを和らげてくれるため、気持ちよく運動できてリフレッシュできるでしょう。

<アイテム概要>
メーカー : THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
カラー : アーバンネイビー/サンドトープ/ダークオーク/ニュートープグリーン/ブラック
サイズ : Free Size
重さ : ー
材質 : Thermolite光電子(ポリエステル、ポロプロピレン、ポリウレタン)
その他 : ー

まとめ:グラベルロードバイクでのサイクリングはコロナ禍でも快適にリフレッシュできます!

Withコロナの影響で運動不足や感染が気になる方が多いなかで、周囲を気にせずに快適にリフレッシュできる方法として、グラベルロードバイクによるサイクリングが1つのムーブメントとなっています。

グラベルロードバイクは舗装路やオフロードを気にせず気軽に走れるため、通勤・通学にも最適。近年グラベルロードバイクリスト人口も増えてきましたが、まだまだ知名度は低いです。ロードバイクよりタイヤが太いため段差にも強く、制動性に優れたディスクブレーキが採用された汎用性の高いタイプなので、コロナ禍をキッカケにスポーツサイクルを初めてみたい方におすすめです。

通勤・通学が少なくなった影響により、運動不足・健康状態が気になる方は、気軽に運動しながらリフレッシュできるグラベルロードバイクを活用して、心身ともに充実した健康な日々を目指してみてはいかがでしょうか?

RELATED

PAGE TOP