自転車グラベルロードの道具・旅・食事を紹介するマガジンサイト

道具(Gear)

グラベルロードバイク「ジオス・GIOS」の魅力や特徴などを解説!

昨今人気を集めている「グラベルロードバイク」。

グラベルロードバイクとは、日本語で「砂利道(グラベルロード)」を表すとおり、舗装路だけではなく、砂利道やオフロードも走れる自転車のことです。オンロードだけではなく、河川敷や林道も走ってみたい!という方にぴったりな自転車となっています。

今回はそんな人気の高まるグラベルロードバイクのなかでも、ジオスからリリースされているモデルを紹介や相性のよい便利アイテムします。

グラベルロードバイクを開発・販売している「ジオス(GIOS)」とは

グラベルロードバイクを開発・販売している「ジオス(GIOS)」とは

ジオスは1948年にイタリアで設立され、現在もイタリアのトリノを拠点とする伝統あるブランドです。

鮮やかなブルーが印象的なフレームが多く、ジオスといえば「ジオスブルー」とさえ呼ばれるほど、ブルーが特徴となったブランドでもあります。ビアンキのチェレステカラーと同様に、独自のメーカーカラーを持つのもジオスの特徴。

創業者のトルミーノ・ジオス氏はベルリン五輪イタリア代表にも選ばれるほどの名選手であり、ジオスのエンブレムに五輪があしらわれている由来にもなっています。ジオスは品質の高さが最大の特徴であり、こだわり抜いた精度の高いフレームは、イタリアのブランドでありながら、質実剛健なドイツ的な印象を与えると言われるほどです。

世界的なビッグ・レースにも参戦するジオスブランドからは、グラベルロードバイクも開発・製造されているので、実用性と知名度を兼ね備えた1台を探し求めている方におすすめのメーカーと言えます。

グラベルロードバイク「ジオス(GIOS)」の特徴

グラベルロードバイク「ジオス(GIOS)」の特徴
【 出典:GIOS公式サイト 】

ジオスからはグラベルロードバイクとして5つのモデルが展開されています。

フルカーボンからクロモリフレームやアルミフレームなど、さまざまなモデルが登場していますので、そのなかからよく吟味することで理想のバイクに出会える可能性も高まるでしょう。

今回はそのなかから3つのモデルを紹介します。

ジオスから販売されているグラベルロードバイク①:「22 MITO CLARIS」

ジオスから販売されている自転車①:「22 MITO CLARIS」
【 出典:GIOS公式サイト 】

ジオスの得意とするクロモリフレームでスマートなシルエット、乗り心地にこだわったモデル。

メインコンポーネントには、シマノのCLARISを使用し、細部にわたるスペックも充実しています。

 

<バイクスペック>

  • 価格 : 140,800円(税込)
  • カラー : サンド/ダークグリーン
  • サイズ : 480/510/540mm(C-T)
  • 重さ : 12.0kg

ジオスから販売されているグラベルロードバイク②:「22 NATURE CARBON」

ジオスから販売されている自転車②:「22 NATURE CARBON」
【 出典:GIOS公式サイト 】

ジオス22 NATURE CARBONは、グラベル専用コンポーネントGRXを搭載したフルカーボンの本格グラベルロードバイク。

レースイベントでも使えるレベルの、本格的なグレード仕様として開発・製造されており、活動フィールドはサイクリストに応じて多目的に広がるマルチパーパスバイクです。

 

<バイクスペック>

  • 価格 : ①_フレーム&フォーク_184,800円(税込)
         ②_CRX完成車_393,800円(税込)
  • カラー : ブラックブルー
  • サイズ : 490/510/530mm(C-T)
  • 重さ : 8.9Kg 1.78Kg (FRAME & FORK)

ジオスから販売されているグラベルロードバイク③:「22 PURE」

ジオスから販売されている自転車③:「22 PURE」
【 GIOS公式サイト 】

ジオスから販売されているグラベルロードバイクシリーズである22 PUREは、軽量ハイドロフォーミングアルミフレームとカーボンフォークの組み合わせによって、疾走感のあるサイクリングが味わえるハイエンドモデルです。

タイヤには、38Cの極太サイズを採用しているため、アスファルトはもちろん、酷道でも突出した安定性と乗り心地を体感できます。

 

<バイクスペック>

  • 価格 : 209,000円(税込)
  • カラー : ジオスブルー/モスグリーン
  • サイズ : 480/510/540mm(C-T)
  • 重さ : 10.5kg

グラベルロードバイク「ジオス(GIOS)」のラインナップ

グラベルロードバイク「ジオス(GIOS)」のラインナップ

ジオスを一言で表すなら、「本物の自転車」ではないでしょうか。

その時々の時代にマッチした最先端のマテリアルやテクノロジーを、自転車の随所に散りばめながら開発・製造された1台は、本格派レースでも利用できます。以下では、「ただひたすらに頂点を目指す」というコンセプトのもと、日々進化を続けるジオスのグラベルロードバイク以外のラインナップも紹介します。

<ROAD BIKE SERIES>
ジオスが一番力を入れているシリーズです。
ジオスらしい剛性に優れた質実剛健なモデルが多く、しなりのある乗り心地や伸びのある走行感が特徴です。
本格的なレースから、街中でも乗れるモデルまで幅広く展開しています。

<TOURING&URBAN BIKE SERIES>
フラットハンドルバー仕様で初心者や女性でも扱いやすいシリーズです。
ちょっとしたツーリングから街乗りまでカバーできるので、初めての一台に最適です。

<CITY CROSS SERIES>
通勤・通学など街乗りに最適なクロスバイクシリーズです。
街中を快適に走れる外装7段変速となっています。

<KIDS SERIES>
ジオスには子ども用にも、本格的なバイクを展開中です。
ロードバイクタイプやマウンテンバイクタイプがリリースされており、初めての本格的なバイクデビューの1台として喜ばれるでしょう。

グラベルロードバイク「ジオス(GIOS)」におすすめのアイテム

グラベルロードバイク「ジオス(GIOS)」におすすめのアイテム

グラベルロードバイクは乗るのはもちろん、ハイブランドならインテリアとしても格好良いものが多いです。

今回は、インテリアとしても楽しめるおすすめの自転車アイテムを紹介するので、ジオスブルーやビアンキのチェレステカラーなどを差し色に活用するための参考にしてください。

グラベルロード「ジオス(GIOS)」のおすすめアイテム①:SLFJOSN縦型自転車ラック

グラベルロード「ジオス(GIOS)」のおすすめアイテム①:SLFJOSN縦型自転車ラック
【 出典:Amazon公式サイト 】

自立式縦置き自転車収納スタンドです。

グラベルロードバイクを縦に置いて狭小スペースを有効活用できるSLFJOSNから販売されている屋内用のスタンドで、簡単に組み立てて水平に固定することもできます。

タイヤサイズは20インチ〜77インチまで幅広く対応できるため、子ども用自転車からマウンテンバイクまで対応可能。グラベルロードバイクやロードバイクなら、650C〜700Cのタイヤサイズまで固定できます。そのほか、縦置きする際にも自転車全体を持ち上げずに固定できるため、簡単にレイアウトできるおすすめアイテムです。

 

<商品スペック>

  • メーカー : SLFJOSN
  • 金額 : 8,785円(税込)
  • 重量 : 約3kg
  • 素材 : 合金鋼

グラベルロード「ジオス(GIOS)」おすすめアイテム②:Lezyne自転車ポンプ

グラベルロード「ジオス(GIOS)」おすすめアイテム②:Lezyne自転車ポンプ
【 出典:Amazon公式サイト 】

米国発祥ブランドの、デザイン性に優れた「Lezyne(レザイン)」

2007年に創業し「エンジニアリングデザイン」をモットーにエレガントかつ高度なサイクリングアクセサリーを展開しています。Lezyneポンプは、ウッドハンドルが人工工学に基づいて設計されているので握りやすく、グリップが手に程よくフィットして力を入れやすいため、女性にも扱いやすいおすすめのアイテムです。さらにゲージが大径化し見やすくなり、ベース部分の面積も広がり安定性も高くなりました。

グラベルロードバイク以外にも、自転車全般に使用できるので、ぜひおしゃれなエアポンプを探し求めている方はLezyneをご検討してみてはいかがでしょうか。

 

<商品スペック>

  • メーカー : Lezyne(レザイン)
  • 金額 : 7,480円(税込)
  • 重量 : 1.5kg
  • 素材 : アクリロニトリルブタジエンスチレン

グラベルロード「ジオス(GIOS)」のおすすめアイテム③:バイクハンガー

グラベルロード「ジオス(GIOS)」おすすめアイテム③:バイクハンガー
【 出典:Amazon公式サイト 】

折りたたみ式の、省スペースで活用できるシンプルなデザインのバイクハンガーです。

小さいながらも頑丈で耐久性のあるスチール製を採用しており、最大30kgの自転車を支えることができます。また、フックは柔らかいEVAファームコーティングが施されているため、グラベルバイクフレームの滑りや傷創を防止てくれます。

普段使用しない場合は折りたたんで使えるので邪魔にならず、狭いお部屋でも快適に使えるほか、床に直接置かないので衛生的に使用できるアイテム。ディスプレイとしても、おしゃれに使うことができるのでおすすめです。

 

<商品スペック>

  • メーカー : Bullboss
  • 金額 : 3,050円(税込)
  • 重量 : ー
  • 素材 : 合金鋼

グラベルロード「ジオス(GIOS)」おすすめのアイテム④:GORIX自転車スタンド

グラベルロード「ジオス(GIOS)」おすすめアイテム④:GORIX自転車スタンド
【 出典:Amazon公式サイト 】

累計20,000台を突破した、バイクアイテム専門ブランドの人気スタンドです。

横向きや縦向きどちらでも収納できるのが特徴で、それぞれの空間に合った置き方ができる万能スタンドであり、太めのタイヤのグラベルロードバイクにも使えるおすすめのアイテムです。縦置きの場合は、省スペースに最適で、床を汚すことなくインテリアのようにおしゃれに収納できます。

横置きの場合は、スムーズに安定させて駐輪できるところがメリット。また、ほかにはない発色のよいライトブルーなカラーリングで、お部屋やグラベルロードバイクのカラーに合わせた選択も可能です。

 

<商品スペック>

  • メーカー : GORIX
  • 金額 : 3,999円(税込)
  • 重量 : ー
  • 素材 : ー

グラベルロード「ジオス(GIOS)」のおすすめアイテム⑤:おしゃれ自転車スタンド

グラベルロード「ジオス(GIOS)」おすすめアイテム⑤:おしゃれ自転車スタンド
【 出典:Amazon公式サイト 】

「ガレージルームをおしゃれにしたい!」というコンセプトで生まれた、ヤマソロの「Hide Out Works」シリーズの自転車スタンドです。

この自転車スタンドは、スチールと木目調の男前インテリアのようなデザインが印象的で、パッと目を引くおしゃれなアイテム高級感のある異素材デザインなので、駐輪場やガレージといったエクステリアだけでなく、室内でのインテリアとしても違和感なく使えるのでおすすめです。

ぜひ、自慢のグラベルロードバイクを、クールにディスプレイして保管しておきましょう。

 

<商品スペック>

  • メーカー : ヤマソロ
  • 金額 : 9,900円(税込)
  • 重量 : 5kg
  • 素材 : ー

グラベルロードバイク「ジオス(GIOS)」は店舗も充実

グラベルロードバイク「ジオス(GIOS)」は店舗も充実

グラベルロードを実際に見て買いたいけれど、近くに店舗がない…なんてお悩みはありませんか?

確かに、本格的なバイクを扱っている店舗はなかなか街中でも見当たりませんよね。その点、ジオスは全国津々浦々に取り扱い店舗があり、実物を見たり実車してみたりと、実際に手にとってみることが可能です。

本格的なグラベルロードバイクは決して安い買い物ではないので、実物を見て購入できる点は大きなメリットといえます。実際に乗ってみてはじめて、良さに気づくことも多いので、実店舗に行くことはおすすめです。

なお、以下にGIOS公式サイトのURLを掲載するので、ジオスのグラベルロードバイクを探し求めの方は、ぜひお近くの実店舗を確認してみてください。

GIOS公式サイト_全国ショップリスト一覧

まとめ:グラベルロードバイク「ジオス(GIOS)」はフレームが高品質!

まとめ:グラベルロードバイク「ジオス(GIOS)」はフレームが高品質!

ジオスは、シンボルカラーの「ジオスブルー」と呼ばれる鮮やかな青が最大の特徴です。

ジオスブルーは本場イタリアで色見本があるほど有名で愛されており、なかでも最大の魅力は、徹底的にこだわった精度の高いフレームと言われています。溶接段階から手間をかけ、製品の品質に非常に強いこだわりを持っています。比較的新しいグラベルロードバイクシリーズも、ジオスのほかのモデルに引けをとらず高品質な自転車がラインナップ。

また、クロモリ素材を使ったフレームを得意とするため、スリムフレームなのに高強度なバイクが多い特徴もあります。機能性のみならず、スマートなデザイン性にも妥協していないのがジオスというブランドです。

そんなジオスからリリースされているグラベルロードバイクは、高機能で品質も高いのに、リーズナブルでコスパが良いことでも知られています。世界的ブランドのジオスから販売されているグラベルロードバイクで颯爽と走りたい方は、ぜひ今回の内容を参考に購入をご検討ください。

 

RELATED

PAGE TOP