自転車グラベルロードの道具・旅・食事を紹介するマガジンサイト

道具(Gear)

グラべルロードを買う際に気をつけること

初めてグラべルロードに出会い、気分が高揚する中私は颯爽とアマゾンで雑誌を購入したりYouTubeやネットサーフィンで情報収集を行いました。

結果….

どれを買って良いのか、調べすぎたきっか段々と悩んでしまい負のスパイラルへ落ち込みます。

自転車はピンキリで高いのであれば100万くらいからあり、安いのは10万前後。

この価格の違いが何か、自分がグラべルロードを手にするまでわかりませんでした。しかし、いざ購入して乗ってみると細いところや気になるところが少しずつわかるようになりました。もし、これから購入しようと検討している方がいればぜひ記事を参考にしてみてください。

  • 価格の差は、乗った時に差を感じる

  • 悩んだら好みの自転車を買うべし

  • 安いから、高いから良いというわけではない

  • 最低限こだわるべきこと

価格の差は乗った時に差を感じる

まず私の予算は20万前後で考えていました。もちろん高くて機能的な方が越したことがないのですが、今後どこくらい乗るのかわからないし、そもそもそこまで自転車にお金をかける必要があるのか!?と感じていたかららです。

手始めに10万円台のグラべルロードを探してみることにしました。YouTubeなどで「◯◯○円おすすめ○選」といった動画を閲覧していきます。どれも、それぞの特徴があり早速悩まされます…

さらに関連動画で、20万円や30万円以上などの紹介をされているのを見つけては片っ端から見て調べることにしました。

どの動画でも、価格が高くなれば自転車のパーツがグレードアップしていくようです。

たとえばディスクブレーキやリムブレーキの違いなど。

動画で違いを見ていてもあまりパッとせず、実際に店舗に行って自転車を試乗にもいきました。(これがかなり今後選ぶ上で重要でした!)

試乗したことで、体感でその違いをしっかりと感じることができ、乗ってみてわかることがたくさんありました。

先ほどいった、リムブレーキとディスクブレーキの違いは、少ない力でもしっかりと自転車を止めることができるようです。リムブレーキはタイヤの左右をゴム(ブレーキシュー)で挟むのに対して、ディスクブレーキはディスクを閉めて止めるようなタイプなど…知らないことがたくさん…

他にも、値段が高くなるとギアの段数も変わったり、ギアの変速時にも軽く触れるだけで切り替わるなど大きく違いを感じることができました。

現代では手元で情報を得ることができ且つ気に入ったらすぐに購入ができるけど、実際に行かないとわからないことがいくつもあったため、欲しい自転車が見つかってもグッと堪えて実際に店舗で試乗してみることをおすすめします。

悩んだら好みの自転車を買うべし

これは初心者がよく陥ることだと思います。(実際に私もどれがいいのか悩まされ苦しみました…)

さまざまな価格帯の自転車や機能に翻弄されてしまい…結局何を買ったら良いのかわからなくなってしまった時があります。そんな時に教えてもらったのは自分の直感に従えでした笑

7割購入の決め手は「かっこいい自転車」でした。残り3割はというと家の近くに自転車の店舗があるということ。価格は20万円前後であるということでした。

人生で自転車に20万もの大金を払った経験がなかったため、清水の舞台から飛び降りる覚悟で支払いました(半分思考は停止していたと思います)

結果、ヘルメットなど諸々細かい装備を揃えたら30万円ほどになりました汗

でも、好きだと思えて変えた自転車なので後悔はしていません。逆に元を取る気満々でいます。

安いから、高いから良いというわけではない

価格から高いから買うのではなく、機能が良いから買うのではなく今の自分の身の丈にあったものを選ぶということが大切だと今回知りました。

いくら高くても、素人にしてみれば機能をうまく使えこなせないし、そもそもそこまでの極致へ達しない。大会出場を考えている人は高価な自転車でも良いと思いますが、とりあえず初めてみたいチャレンジしてみたい人は、私なりの見解ですが20万前後のグラべルロードがちょうど良いと感じました。

お店や雑誌をみるとどれもカッコよく映ってしまうもので…

そんな欲に自尊心を持って言い聞かせるのが大切かなと自分によく言い聞かせてます笑

最低限こだわるべきこと

最後に何だかんだ言いつつ今回買ってみて最低限あると良いことをまとめておこうと思います。

ブレーキはディスクブレーキの油圧がおすすめ!

これは長時間ロングライドしている時やオフライド走行している時など、疲労が体に蓄積してきます。そんなとき握力も弱くなってくるのでいざブレーキをかけて止まりにくいことなどがあるように思います。その場合は油圧のディスクブレーキであれば比較的軽い力でブレーキをかけることができて便利だと感じました。

自転車屋さんはなるべく自宅からいけるところにすべし!

何もしらいないと、ことあるごとに調べごとや悩みなどが多々出てきます。そんな時に購入店舗が近くにあるとスタッフに気軽に相談することができます。スタッフからいろんなノウハウを学ことは重要ですし、なんなら自転車好きとして一緒にツーリングなんかもできるかもしれません。周りに知識のある人がいなければ繋がっておいて損はないと思います。

あとは定期メンテンアンスなど、初めは自分ではなく専門スタッフにお願いして徐々に覚えていくことをお勧めします。

自分は初めてグラべルロードを購入した時に感じたことを書かせていただきました。

ぜひ購入を検討されている方がおりましたら参考にしてもらえればと思います。

RELATED

PAGE TOP